動画再生




「高画質動画」
「本日の動画」
動画再生
『中出しって言うんだよ』

処女のイトコをお風呂場で調教!!未使用のお○んこをしこしこ‥痛気持ちイイ出来ゴトに膝ガクガクっ!!「え、ナニ?ナニ?」処女膜姦通⇒中出し性行為を教え込む‥

動画再生
初潮を迎えた●学生に

●学1年生のいとこの成長がヤバいから中出し!! 「おっぱい大きくなったねw」力ずくで風呂場へ連行‥ 未開通お○んこに迫る開発行為!! 「何か出たねw」処女喪失中出しw

「コンテンツ動画」
「素人ハメ撮り動画」
動画再生
AVに正気奪われるw

我慢できますか!?父娘に密室で超濃厚なAVを鑑賞させる…動揺する2人心拍数急上昇!濡れるマ○コ勃起するチ○ポ‥欲が理性超える絶対してはいけない挿入行為!!

動画再生
巨乳ウエイトレスさん辛抱たまらず…

海の家でチ●ポを出してみると…?Hカップの巨乳ウエイトレスさんが釘付け…あまりの勃ちっぷりに思わずパクッ⇒人気のない店内で挿入を誘いこむ!貧欲すぎる腰フリに驚愕



「過激動画」
「超高画質な無修正動画」
動画再生
キャンギャルを騙せ

彼氏との同棲資金の為にキャンギャル面接にきたものの…服ひん剥かれ、電マオナニー強要!
無認可挿入を強行!
愛する恋人の為に健気に喘ぐ姿は抜けます!
動画再生
もっと声出していいんだょ

業界No1奇跡の美巨乳美女が汚い非モテおっさん宅を突撃訪問…電マで乳首~亀頭まで鬼刺激
『もっと声だしてw』寸止め連発&69に射精寸前『入れちゃお~』騎乗位中射精

「風俗動画」
「激ヤバ!動画」
動画再生
ロリ巨乳デリヘル嬢を呼んでヤル!

マジで可愛くて爆乳が素晴らしいなデリヘル嬢を撮影用具が設置した部屋に呼び『何っ?聞いてないょ!』店に話通してあるからと撮影!

動画再生
援●童顔ロリのすんごぃ柔らかいおっぱい

こんなにあどけない顔をして、服を脱いだら…生唾ゴクリ…ピンクの綺麗なティクビをピンと立たせてプリンプリンのおっぱいを揺らして!けしからん、けしからん。下のアワビまでこんなピンクとは…
動画再生

無料news

最新ニュース 芸能 放送事故 画像 動画 等を紹介
無料news TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  “大物殺し”のローラに浜田雅功がぶち切れる!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

“大物殺し”のローラに浜田雅功がぶち切れる!?

“大物殺し”のローラに浜田雅功がぶち切れる!?



 13日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に人気ファッションモデルでタレントのローラ(23)が出演。いつも通りの愛嬌と天然ぶりを発揮して、大いに番組を盛り上げていた。しかし、そんなローラに少々冷たい態度をとる人物がいた。MCを務めるダウンタウンの浜田雅功(50)だ。
 今やバラエティ番組に欠かせない存在となったローラ。一流タレントの登竜門的番組といえる『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーとして活躍し、ハーフ系天然キャラとしての地位は確立されている。モデル出身のタレントとしては、すでに別格という印象すら漂っている。そんな彼女の魅力といえば、どんな大物にも物怖じしない態度。この日の放送でも、ベテラン俳優・平田満(59)の隣に座って、マイペースにトークを展開する様子は堂々としたものだった。
 しかし、共演者の浜口京子(35)がお気に入りの鉛筆を紹介するトークの最中、「わかりにくい」とボソッとローラが言うと浜田が激怒。「ちょっと待て。“わかりにくい”ってなんやねん!」と、ツッコミというより叱責したのだった。これを受けたローラは相変わらず笑顔だったが、浜田は呆れた様子。相方の松本人志(49)が、その後きっちり笑いを生んだことから話を流したが、いきなり説教でも始めるような雰囲気が漂っていた。
 確かに、浜口の鉛筆トークは冗長でメリハリのないものだった。浜口のトークを聞いている浜田も困ったような苦笑いを浮かべているのがわかる。むしろ、昔の浜田なら、ローラの一言の前に、それこそ「わかりにくいわ!」などとツッコんでいたかもしれない。しかし、この日の浜田は浜口のトークに最後まで聞き入っていた。さらには、オチの見当たらなかった浜口のトークに大きな笑いを呼んだのはローラの一言だった。番組全体で考えれば、ローラの無神経な言葉が大きな役割を果たしたといえるだろう。
 若かりしころのダウンタウン浜田といえば、相方である松本も引いてしまうほど、大物芸能人たちや畑違いのアスリートや著名人の頭を叩き続け、あっという間に天下をとった芸人。だが、そんな彼の大物殺しぶりも、自分が大物になった今では新鮮味がないものになっているも事実。また、第二の浜田のような芸人は未だに現れていないのが現状だ。しかし、視聴者とすれば、大物に食いつく若手タレントというのは、いつの時代も見ていて痛快なもの。今のバラエティ界で、そうした役割を担っているのがローラを筆頭とするハーフ系天然タレントたちだというのは言うまでもないだろう。
 かつてモデルのJOY(28)は、「僕は浜田さんのことをマー君って呼んでいる。それがけっこうハマッてるんですよ」と言っていた。そして、そのことについて浜田に呼び出されたことがあり、「お前、これからもずっとそれで行けよ」と言われたという。そんな浜田にとってみれば、今回のローラの発言も、結果的に笑いを生み、決して咎めるようなことではなかったに違いない。だが、それでは自分の役目を失ってしまう。すでに自分が大物になって久しい浜田とすれば、大物キラーとしての自分の役割は若手に譲って、自分はその若手に食いついていこうということなのかもしれない。
[ 2013/06/18 10:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。