動画再生




「高画質動画」
「本日の動画」
動画再生
『中出しって言うんだよ』

処女のイトコをお風呂場で調教!!未使用のお○んこをしこしこ‥痛気持ちイイ出来ゴトに膝ガクガクっ!!「え、ナニ?ナニ?」処女膜姦通⇒中出し性行為を教え込む‥

動画再生
初潮を迎えた●学生に

●学1年生のいとこの成長がヤバいから中出し!! 「おっぱい大きくなったねw」力ずくで風呂場へ連行‥ 未開通お○んこに迫る開発行為!! 「何か出たねw」処女喪失中出しw

「コンテンツ動画」
「素人ハメ撮り動画」
動画再生
AVに正気奪われるw

我慢できますか!?父娘に密室で超濃厚なAVを鑑賞させる…動揺する2人心拍数急上昇!濡れるマ○コ勃起するチ○ポ‥欲が理性超える絶対してはいけない挿入行為!!

動画再生
巨乳ウエイトレスさん辛抱たまらず…

海の家でチ●ポを出してみると…?Hカップの巨乳ウエイトレスさんが釘付け…あまりの勃ちっぷりに思わずパクッ⇒人気のない店内で挿入を誘いこむ!貧欲すぎる腰フリに驚愕



「過激動画」
「超高画質な無修正動画」
動画再生
キャンギャルを騙せ

彼氏との同棲資金の為にキャンギャル面接にきたものの…服ひん剥かれ、電マオナニー強要!
無認可挿入を強行!
愛する恋人の為に健気に喘ぐ姿は抜けます!
動画再生
もっと声出していいんだょ

業界No1奇跡の美巨乳美女が汚い非モテおっさん宅を突撃訪問…電マで乳首~亀頭まで鬼刺激
『もっと声だしてw』寸止め連発&69に射精寸前『入れちゃお~』騎乗位中射精

「風俗動画」
「激ヤバ!動画」
動画再生
ロリ巨乳デリヘル嬢を呼んでヤル!

マジで可愛くて爆乳が素晴らしいなデリヘル嬢を撮影用具が設置した部屋に呼び『何っ?聞いてないょ!』店に話通してあるからと撮影!

動画再生
援●童顔ロリのすんごぃ柔らかいおっぱい

こんなにあどけない顔をして、服を脱いだら…生唾ゴクリ…ピンクの綺麗なティクビをピンと立たせてプリンプリンのおっぱいを揺らして!けしからん、けしからん。下のアワビまでこんなピンクとは…
動画再生

無料news

最新ニュース 芸能 放送事故 画像 動画 等を紹介
無料news TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  松田翔太が“織田裕二化”? 揉め事が絶えない問題児俳優たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松田翔太が“織田裕二化”? 揉め事が絶えない問題児俳優たち

松田翔太が“織田裕二化”? 揉め事が絶えない問題児俳優たち



 6月20日に最終回を迎える『潜入探偵トカゲ』(TBS系)。脚本は『華麗なる一族』(TBS系)などを手掛けた橋本裕志氏のオリジナル作品で、また『探偵物語』(日本テレビ系)で知られる名俳優・松田優作を父親に持つ松田翔太が、父と同じ探偵役に挑むということでも注目されていた。ところが、同作の撮影現場が松田翔太のふるまいによって混乱していることが6月18日売の『東スポ』で報じられ、話題となっている。
 同記事によると、松田は演技にこだわるあまり、演出に口を出したり、脚本すら変えてしまうこともあるという。そのせいで、松田以外の俳優陣のスケジュール調整が困難になり、現場は混乱。演技のためなら衝突も厭わない松田の熱意は、同じく演技に対してこだわりが強いことで知られる織田裕二にも匹敵する、と言われているようだ。
 そのこだわりゆえ“共演NG”俳優も多いという織田裕二同様、松田翔太もすでに共演者との不和がウワサされているようだ。これまでに知られている松田の“共演NG”相手といえば、同記事内でも名前が挙がっている戸田恵梨香だろう。
 一部で囁かれている戸田と松田の確執は『ライアーゲーム』(フジテレビ系)から始まっていたという。昨年公開された同作の続編映画から戸田の名前が消えたのは、戸田が松田に向かって『(男のくせに)化粧、長くない?』などとクレームをつけ、撮影現場の空気を乱したためである、と報じられたこともあった。
 だが松田だけに問題があるわけではなく、戸田もひとくせあることで知られ、共演者との確執が報じられることの多い女優だ。新垣結衣と共演した際には「声が小さい」と文句をつけ、歌手デビューした新垣に対して「チャラチャラ歌ってんじゃないわよ」と言い放ったなどのエピソードが囁かれている。このほか、7月8日からスタートする“月9”ドラマ『SUMMER NUDE』(フジテレビ系)において、香里奈と戸田が“場外バトル”を繰り広げていると先日『週刊実話』(日本ジャーナル出版)が報じたばかりだ。
「戸田も松田も、お互い気の強いことで知られていますが、それと同時に演技に対しての姿勢が評価されている俳優同士でもあります。戸田は、ジュニアアイドル路線から一発奮起して事務所を移籍、上京してきた叩き上げの女優で、映画初出演を果たした『デスノート』以降も『ライアーゲーム』、『SPEC』(TBS系)などの人気作で主演をつとめています。一方の松田のほうも“七光り”と言われていたのは最初だけで、『花より男子』(TBS系)、映画『アフロ田中』など漫画原作のコミカルなものから、NHK大河『篤姫』での徳川家茂役まで、幅広くこなす演技力を身につけています。演技に対して真剣であるからこそ、作品に対するこだわりが強くなり、現場間での衝突も多くなるということなのでしょう。まあ、穏やかにコトが進むのが一番なんですがね(笑)」(業界関係者)
 視聴率だけでドラマの良し悪しが測れないように、端的なエピソードだけでは俳優の価値は測れないのかもしれない。周りの共演者やスタッフたちは迷惑かもしれないが、良作を生み続けるためにも彼らには独自の演技道を突き進んでいただきたいものだ。
[ 2013/06/20 10:19 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。